放置してはいけない頸椎椎間板ヘルニア|大切な首を守る

医者

耳の不調を放置しない

病院

聴神経腫瘍とは、難聴や耳鳴りが症状の耳の病気です。良性の腫瘍で、成長するスピードが遅いのが特徴です。自然に小さくなる可能性もあり、治療をせずに定期検査で様子をみる手段が取られることもあります。

Read More

塩分の高い食事にも注意

医者と看護師

乱れた食生活や喫煙を長く続けている方は、胃がんに注意が必要です。早期発見できれば、開腹を必要としない内視鏡での手術が可能ですので、身体への負担も少ないです。定期的な検診を欠かさないようにしましょう。

Read More

首の痛みにご用心

腰痛

身体の重要な部分のひとつが、首です。首に何らかの問題があると、身体を正常に動かせなくなるなどの症状が出てきます。この重要な部分である、首に現れる病気のひとつが頸椎椎間板ヘルニアです。頸椎椎間板ヘルニアは、首の骨と骨の間にある椎間板が飛び出してしまうことで発症します。椎間板は普段、骨と骨の間でクッションの役割を果たしているものなのですが、何らかの原因で飛び出して神経を圧迫してしまうことで様々な症状が出るのです。おもな原因としては、椎間板自体の老化、ケガや姿勢などが挙げられます。頸椎椎間板ヘルニアは、放置して重症になると手足が麻痺して思うように動かせなくなったり、尿意がコントロールできなくなったりといった日常生活に支障をきたす症状が出る可能性のある病気です。首の強い痛みなどが続く場合には、早めに整形外科を受診するとよいでしょう。一般的には神経学的検査やX線検査などによって診断し、症状に合わせて手術か薬による治療、理学療法による治療かが決定されます。手術の中でも方法は様々で、レーザーによるメスを使わないもの、飛び出している一部分を切除するものなどがあります。それぞれの方法にメリットがありますので、事前に調べておくとよいでしょう。頸椎椎間板ヘルニアの症状によっては、適さない方法もありますので医師との相談は必須です。また、首は身体の重要な部分であるために、いずれの手術方法でも高い技術が必要になります。頸椎椎間板の治療を行っている病院をまとめたサイトなどを利用して、なるべく評判のよい病院を探すことが大切です。

定期健診で予防できる

病院

20代から30代の女性の間で増えている病気が、子宮頸がんです。このがんが発生する原因は、ウイルス感染とはっきりしているので定期健診で予防することができるのです。

Read More