放置してはいけない頸椎椎間板ヘルニア|大切な首を守る

看護師

塩分の高い食事にも注意

医者と看護師

日本のがん患者の中でも、胃がんを患っているという人はとても多いです。胃がんは胃にできるがんのことで、乱れた食生活や喫煙、ピロリ菌などが原因とされています。過度の飲酒や喫煙は胃がんだけでなく、あらゆるがんや病気の原因として挙げられるものですので、早いうちから意識して改善するとよいです。また、日本食は塩分が高いと言われていますが、これも胃がんの原因になっていると言われています。塩分の高い食事は胃を保護している粘液を壊してしまい、炎症を引き起こしやすくします。慢性的に胃に炎症が起きている状態であると、胃がんが発生するリスクが高まるのです。さらに炎症が起きている箇所は、日本人の多くが持っていると言われているピロリ菌が感染しやすくなります。ピロリ菌に感染してしまうことも、胃がんを発生させるリスクを高めるのです。胃がんの症状は、お腹の上の方の痛み、吐き気や頻繁に起こるげっぷなどがあります。これらの症状がしばらく続く場合には、医療機関を受診しておくと安心です。我慢できなくはない症状なので、医療機関を受診せずにがんが進行してしまったというケースが少なくないのです。胃がんは、初期の段階であれば開腹する必要なく手術することが可能です。開腹を必要としない、内視鏡による手術であれば身体に掛かる負担も少なくすむでしょう。胃がんを発見するためには、消化管X線撮影や内視鏡検査を行う必要がありますので、定期的な検診を欠かさないことが大切と言えます。