放置してはいけない頸椎椎間板ヘルニア|大切な首を守る

看護師

定期健診で予防できる

病院

20代から30代の女性の間で増えている病気が、子宮頚がんです。知らずに放置してしまうことで、不妊になってしまう可能性や命の危険まであるのです。子宮頸がんはほかのがんとは違い、原因がはっきりとわかっているがんです。そのため、きちんと定期健診を受けていれば発生を防ぐことができるのです。子宮頸がんを発症する原因とされているのは、ヒトパピローマウイルスというウイルスに感染することです。このウイルスは特別なものではなく、性交渉の経験のある女性のほとんどの人が感染しています。しかし、このウイルスは人に元から備わっている免疫の力によって体外へ出されるので、ウイルスに感染してからすぐにがんになるというわけではありません。免疫の力が正常に働かず、ウイルスが子宮頸部に残ってしまうことでウイルスに感染した状態が続き、やがてはがんへと発展してしまうのです。子宮頸がんの治療は、症状が進行してしまっている場合、子宮の全摘出が必要なケースもあります。早期発見で症状が軽ければ子宮を残した治療で済むので、手術後の妊娠や出産も問題ないということが多いのです。子宮頸がんは、発生してもすぐに自覚症状が出るものでないので、早期発見のためには2年に1度程度の定期健診が必要です。地域によっては子宮頸がん検診が無料で行えることもありますので、調べてみるとよいでしょう。ただし、不正出血やおりものの異常、排尿がしづらいなどの症状が続く場合には、検診を待たずに婦人科を受診することがおすすめです。